AGAもっと知りたい

AGAもっと知りたい育毛サイクル

通常の育毛サイクルとAGAの育毛サイクルでは、「休止期」「成長期」「退行期」3つのうち最も違うところは、「成長期」の問題にあります。

◇AGAの「成長期」は短いところに特徴がある

AGAの「成長期」は、数か月から1年ほどで「退行期」に入ります。
通常の育毛サイクルの「成長期」は、2年~6年で「退行期」入りますので、毛髪が元気よく成長し生き生きしています。

agaサイクル正常な育毛サイクルでは、「初期成長期」→「中期成長期」→「後期成長期」→「退行期」→「休止期」の順で発毛しています。

AGAでは、「初期成長期」→「退行期」→「休止期」となり左図に示します「中期成長期」「後期成長期」が起こらないため十分に毛髪が成長せずに抜けてしまうところに問題があります。

◇頭皮のケアで必要なシャンプー・コンディショナー・保湿は「成長期」を支える

食事のバランス・運動・睡眠の3つの要素は、以前もお話したように頭皮にも大切なことです。十分な栄養素が毛髪を作るところまで行き届かないことが原因していることがAGAと併用して起きています。それとともに頭皮のケアもしなければなりません。
過度なシャンプーだけは止めてくださいね。整髪剤が強くて取れにくい場合のみ、2度使う程度にしてください。そしてコンディショナーで毛髪を整え・保湿をしっかりして頭皮に潤いを与えてください。

◇血行促進である頭皮マッサージは適度で十分

血行促進するために、頭皮マッサージはゆっくりと時間をかけてするとよいとされています。
しかし、過度のマッサージやマッサージをしたことがない人は、力がどうしても指先に入ってしまうので頭皮が赤くなってしまい治らない「赤み」になることもあります。
いくら良い方法とはいえ、念入りにしすぎることはせず指の平で軽く揉む程度で十分です。
頭皮の弱い人は、短めに終わらせ保湿を心がけるようにしてください。
なんでも、やり過ぎは失敗の元になりますのでお気を付けください。

育毛サイクルが十分ではない毛髪は元気がない髪が多いので、毛髪にも優しくブラシをかけていつも整髪することが大切です。